エイズなどについて勉強した

勉強をしました。
血液製剤でHIVに感染した血友病患者らは、1989年に国と製薬会社を相手に訴訟を起こしました。
被告は非加熱血液製剤でHIVに感染する危険のあることを知っていたのに、安全性を確認する義務を怠ったというのが訴えの理由です。1996年に、エイズの治療・研究体制の推進や、医療費に関する対策などが打ち出されたことをふまえて、和解が成立しました。

薬害C型肝炎は、止血剤として使われていた血液製剤がC型肝炎ウイルスに汚染されていたため、投与された患者がC型肝炎に感染したというものです。
ソリブジンによる薬害は、皮膚病の治療に用いる抗ウイルス剤であるソリブジンとある種の抗がん剤を併用したところ、相互作用により15人もの死亡事故が発生したというものです。
医薬品は有効性と安全性が確認されたうえで承認されていますが、臨床試験に関しては症例数がかぎられているため、市販前に副作用のすべてを明らかにすることは困難です。

コメントは受け付けていません。